スポンサードリンク

神経痛、手足のしびれ、関節痛に!
 神経痛、筋肉痛、腰痛、肩こりなどの緩和に
 
 
 
  今話題のゲルマニウムと磁力のWパワー!
  驚異の健康パワー!ゲルマ・純チタン磁気ネックレス



  末梢神経に直接働くビタミンB12配合-しびれ
  末梢神経を修復、腰痛・肩から下のしびれを改善



  体のしびれに-漢方薬降圧丸
  体のしびれ、肩こり、疲れやすいなどの症状に

手や足のしびれの原因と症状

危険なしびれ
脳血管障害や腫瘍によるしびれは命に関わる危険なしびれです。カイロプラク
ティックやマッサージにいってはいけません。すぐに病院にいって医師の診察を受ける事が
重要です。では、どういったしびれが危険な症状なのでしょうか。

しびれの危険なサイン
しびれの症状の他、頭痛、めまい、吐き気があったり、突発的に痺れが始まったり、
顔面を含む片側性にしびれが突発したり、しびれの数週間前に発熱があったり、
運動麻痺や排尿障害がある場合は危険なサインです。

しびれの種類
しびれの種類は大きく二つに分ける事が出来ます。

◇末梢性のしびれ
末梢神経は体全体に分布していて、1本または数本の末梢神経が外傷、圧迫で
物理的に障害を受けた場合、その支配神経領域に一致してしびれや感覚鈍麻が出現します。
一例として、正中神経は、手首の骨と靱帯のすき間にあるので、手の関節を反復して
使用することが多い人は、この正中神経支配領域の手や指にしびれや異常感覚、夜間痛が認めらる
ことがあります(手根管症候群)。
その他、肘の外傷等による尺骨神経麻痺,コルセットやベルトの圧迫による外側大腿皮神経麻痺
などが出現するケースがあります。
また、全身性の内科的疾患(糖尿病、膠原病、ビタミン欠乏など)や薬物中毒、感染症、悪性腫瘍などで
末梢神経が広範に侵される場合があり(多発神経炎)、長い神経線維ほど障害を受けやすいので
四肢末端部にしびれなどの障害が強く起こります。

◇中枢性のしびれ
・脳血管障害によるしびれ
感覚の伝導路は、脊髄を経由して視床に達するまでに左右交叉するため、通常、
視床・大脳の障害では,病変のある側と反対側の半身(顔面を含む)の感覚低下が出現します。
例えば、左大脳半球に脳梗塞があると、右半身がしびれます。なお、脳幹に病変がある場合には、
顔面は病変と同側がしびれる場合があります。原因疾患としては,脳血管障害(脳梗塞、脳出血など)
が最も多いですが、腫瘍、脳炎による場合もあります。

・脊髄障害によるしびれ
脊髄神経は,合計31対で形成されており(頚髄8対,、胸髄12対、腰髄5対、仙髄5対、 尾髄1対)、
末梢神経の分布とはまた別に,それぞれ一定の皮膚領域と関連しています。脊髄がある位置で
障害されると,その支配領域またはそれ以下の領域の感覚が障害されます。
ここで、痛覚・温冷覚と触覚・深部覚は脊髄内で伝導路が異なるため、脊髄のどこが侵されたか
によって感覚障害の内容が異なってきます。脊髄障害の原因としては。脊椎の変形(頚椎症、腰椎症)、
椎間板ヘルニア、脊髄炎、脱髄疾患(多発性硬化症ほか)、血管障害、腫瘍、外傷があります。

しびれの治療
一般に末梢性のしびれの場合、神経線維の栄養補給・再生促進のためにビタミン剤(B1,B12など)や、
神経栄養血管の循環改善を目的とした血管拡張剤を用います。症状が強いときや痛みを伴うときは、
鎮痛剤,抗痙攣剤,抗うつ剤などが有効なことがあり、また、理学療法や神経ブロックも行われます。
外傷・圧迫性によるしびれでは、外科的な治を行うこともあり、糖尿病など全身性の疾患に合併する
ものや脳疾患によるしびれでは、その原疾患の治療が重要です。

しびれの原因の中には,診断・治療に緊急を要することもあり、専門医療機関への受診が
必要です。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。